お金は社会に出ると、自分で好きなように利用することができるので、それぞれ千差万別の使い方をします。

お金を貯める時に見直すべき家計の支出
お金を貯める時に見直すべき家計の支出

お金の日常生活での考え方と価値

PAGETITLE
お金は社会に出ると、自分で好きなように利用することができるので、それぞれ千差万別の使い方をします。そしてその使い方は、みんな同じように使っていると考えてしまいますが、それぞれの個性によって考え方も使い方も違っているということが言えます。そこを混同してしまうと、使い方を誤るということになります。資産が多い人のお金の使い方と少ない人の使い方は違っているということを理解しないと、お金に苦労するということも起こります。

例えば1億円ある人が1万円を使うのと、10万円しかない人が1万円を使うのとでは、まったく意味が違ってきます。1億円を持っている人は、1万円は非常にわずかな金額で、1円とか10円の感覚かもしれません。しかし10万円しかない人には、同じ1万円でも資産の1割の重みがあります。ですので同じようには使うことができないはずです。

しかし日常生活での商品の購入ということでは、お金持ちでもそうでなくても価格は一定です。そこに問題があり、消費税なども不平等ということになるのですが、それはそのまま受け入れるしかないということでもあります。このようにお金は表面的には価値は同じように見えますが、現実には同じ金額でもまったく意味が異なるということを理解する必要があります。

Copyright (C)2017お金を貯める時に見直すべき家計の支出.All rights reserved.