ヨーロッパのお金であるユーロの問題点は、金融政策をECBが一元的に管理して、財政政策は各国の政府が担当するので経済政策の一体性に欠ける面があることです。

お金を貯める時に見直すべき家計の支出
お金を貯める時に見直すべき家計の支出

ヨーロッパのお金ユーロの問題点

PAGETITLE
ヨーロッパのお金であるユーロの問題点は、金融政策をECBが一元的に管理して、財政政策は各国の政府が担当するので経済政策の一体性に欠ける面があることです。ユーロ圏各国の経済のファンダメンタルズの差が大きいとこのシステムのパフォーマンスは悪くなります。例えば、アイルランドでは景気が過熱気味なので金融を引き締めたいと考えても、イタリアでは景気が下降しているので刺激策を取りたいというようなケースも起こり得ます。

金融面で十分な刺激策が取れないと財政政策に負担がかかりますが、これには限界が存在します。EUには安定化協定という決まりがあって、これはユーロの価値を維持するためユーロ圏の各国の財政赤字はGDPの3%以内に抑えなければならないという物です。ちなみに、ドイツとフランスというユーロ圏の中心メンバーが2002年から3年連続でこれを遵守できなくなって、この協定の運用や改正を巡って論争が起きました。結局、ユーロ圏の大国であるドイツとフランスの意向が反映されて協定を柔軟に運用することで決着しました。

安定化協定が骨抜きになるのは本来ユーロ売りの要因です。実際にこの事実が明らかになった当初はユーロが売られましたが、その後はドルが売られる原因が大きかったために、この問題がユーロ売りの要因になることはだんだんと少なくなりました。

おすすめサイト一覧

  • 事業融資をお考えの担当者様にチェックしてもらいたいサイトです。

Copyright (C)2017お金を貯める時に見直すべき家計の支出.All rights reserved.