消費税率はあがり、収入は少しずつ右肩下がりとなってきており、今や年収300万時代とまで言う専門家もいるぐらいです。

お金を貯める時に見直すべき家計の支出
お金を貯める時に見直すべき家計の支出

お金を節約するために固定費の削減を考えてみよう

PAGETITLE
消費税率はあがり、収入は少しずつ右肩下がりとなってきており、今や年収300万時代とまで言う専門家もいるぐらいです。そんな折り、大切なお金を少しでも効率良く、無駄を省いていく工夫が必要となります。まず、考えられるのが固定費の削減です。固定費と言うのは月々決まって出て行く費用のことで、家賃(住宅ローン)・光熱費(電気・ガス)・水道料・通信費(固定電話・携帯電話・プロバイダ)・保険料・NHK料・新聞代などです。

一見、「削減なんてできないのでは」と思われる方もいると思いますが、まとめ払いやプランの見直しで年間で数千円〜3万円ぐらいは削減できます。例えば、携帯電話のプランは変更されることが多いのでショップに足を運び、安くなるプランに変更することが有効です。ガラケーの場合、オプション等を外すことで月千円台が可能となります。

また、携帯や固定電話の明細を郵送してもらうのをやめて(ネットで確認できる)月200円〜400円安くなります。NHK料金や保険料は、年払いすることで数千円安くなります。節約は、なかなか続けるのが難しいので、一度手続きをしてしまえばその後ずっと気にしなくてもいい固定費の削減がお勧めです。自分の契約しているものを是非再確認してみましょう。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017お金を貯める時に見直すべき家計の支出.All rights reserved.